職場復帰しずらい

これからの時代、育児などに専念していた女性が職場に復帰しやすくする環境を整えることが不可欠となります。昨今では女性の労働力を高く評価している風潮があることから、尚更女性が子供を産んでも働き続けることができる女性の仕事を実現させていくことがひとつの課題となっているようです。職場によっては依然として復帰した女性が働けるような環境が整っていないのが現状ですが、長く会社に貢献してくれた社員を辞めさせるべきではないという考え方があるのならば、職場に復帰した女性労働者をフォローできるような体制を敷いていくべきだと思うのです。女性の仕事で頑張っている女性の方のためにも、国を挙げて仕事のブランクがある女性の方を支える法律を制定することで、育児後の女性が無理なく復帰できる職場環境として定着していくことにつながるのと思うのです。
中には家族に不幸があったなどの理由でしばらくの休職を申し出る女性の方がおられるでしょう。身内に何かあったらどうしても仕事に集中できずに引きずってしまうことは無理もありません。自分が仕事を休んでいる間に本来ならば自分がしなければいけない仕事を他の人が穴埋めをしなければいけないため、その人に対して申し訳ない気持ちでいっぱいになることは避けられないのです。そうした気持ちがあるため、職場に復帰したときに罪悪感がいっぱいの気持ちで同僚に接していくことが考えられますが、代わりに自分の仕事を消化してくれた同僚に対して申し訳ない気持ちを通り越して感謝の気持ちを表すことさえもあるかもしれません。
日本全体がもう少し仕事を休みやすい風潮になれば、もっと働きやすい世の中になるのではないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です