看護師の職場復帰

アベノミクスが「働く女性の支援」を柱とするならば、先ずは生理的に女性は出産して子供を産むことが自然な流れで、このような状況を考えた際、女性の職場復帰の問題をまずはとりあげなくてはならない。
しかし、現在の日本は女性の職場復帰どころか、子供を預ける託児所さえも不足していて、女性が安心して働ける環境ではない。
そんな中で、看護師の職場は、託児所つきの職場や看護師の職場復帰が容易で、家庭を持って仕事を続けるにはとても恵まれた環境にある。
しかしこれもまた皮肉なことで、看護師の様にある程度、収入や雇用条件に恵まれた環境では、交際や結婚に発展する相手も、ある程度社会的地位にある恵まれた男性で、看護師が出産後に職場復帰を望む声は少ない。

それでも現在の資格制度は、あくまでも文部科学省や厚生労働省の指定する認定校での教育を受験資格とし、結婚後に眠っている資格取得者の掘り出しを訴えている。
私は、女性が自ら望んで社会進出や職場復帰を望むのならそれを応援する必要があると考える。
看護師のみに限らず、求人を出しているすべての企業で女性の社会復帰をサポートすることが大事である。これからの日本社会に、女性の力は必要不可欠だと考えられるからだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です